セックスしたい!エッチしたい彼女が彼氏におねだりする7つの方法


初めてのエッチや付き合って間もない頃はどちらが言うでもなくエッチな雰囲気になったり、おうちデートになったら最後はエッチをして寝る、そんなことが当たり前だったりしますよね。

ですが、付き合ってしばらく経つといい意味でも悪い意味でも落ち着いてきてすぐにエッチな雰囲気にはならないことも多いです。

特にお互いに仕事があって疲れているとなんとなくセックスレス気味になることもあります。そんな時に彼を上手にエッチに誘える7つのパターンをご紹介します。
 

彼氏にさりげないボディタッチをしてみる

エッチしたい

まずは王道とも言えるボディタッチを試してみましょう。さりげなく彼の近くに座って肩に頭をもたせかけたり、膝を触ったりします。

最初からエッチな雰囲気は出さずにおしゃべりしながらとか、テレビを見ながらとか軽くボディタッチをするのがおすすめです。特に首回りを触るとエッチな気分になることが多いので、撫でるように触ってあげるといいですね。

さりげないボディタッチを続けることで彼の方もなんとなくその気になってきて その後エッチへの雰囲気を作ることができます。

もし彼が疲れていてボディタッチをしていても、その気にならないようなら無理強いはしないほうがいいです。

彼女の方も疲れていたりして気分が乗らないことがあるように 彼の方にも気分が乗らないということはあります。それだけのことですから、あまり気にせずお互いに無理をせず気持ちよくエッチができるようにしましょう。

でも、彼女の方からボディタッチをしてきて嫌な気分になる彼はいないはずですから、ボディタッチはエッチな気分を盛り上げてくれます。

彼の方がその気になったらそのままベットインしてしまいましょう。
 

彼氏をちょっと焦らしてみる

エッチしたい

例えば、「一緒にお風呂に入る?」「今日はイチャイチャしよう」なんて可愛く言って、その後に「でもちょっと待ってね」などとちょっと彼を焦らしてみましょう。

最初の言葉だけで今日はそんな雰囲気なのかな、と興奮してきているはずですから、我慢できなくなって彼の方から早くしようと言ってくるかもしれません。

すぐにイチャイチャし始めるのではなく、「まだダメだよ、テレビの後でね。」などちょっと焦らすのがポイントです。

男性の頭の中をエッチな気分にさせた上で焦らすことでさらに想像を掻き立たせることができます。

彼に早くエッチしたいと思わせることが大切です。すぐにエッチしてしまうよりもちょっと焦らした後の方が燃え上がったエッチになりますよ。

ですが焦らしすぎると彼に諦められてしまうかもしれませんから 適度にエッチな気分を続かせてあげるのがポイントです。
 

彼氏にとって都合のいい日を選んでみる

エッチしたい

社会人になると仕事で忙しくてエッチな気分にはなれない日もたくさんあります。そんな時には無理をせずゆっくり寝かせてあげたいですよね。

エッチのお誘いも忙しい時だとなかなか成功しません。それが続くとお互いにギクシャクしてしまうこともあります。ですから事前に彼の休みがわかる場合は彼の休みの日の前などを狙ってエッチな気分にさせてみましょう。

いくら頑張っても忙しい時だと彼もしたくてもできないこともあるでしょうし、お互いに疲れてしまいます。

また「次の休みはいつ?」「その日に泊まってもいい?」などと事前に聞いておくと、彼もひょっとしてエッチのお誘いかな、と期待してくれます。そうすれば当日スムーズにエッチな雰囲気に持ち込むこともできます。

「明日は休みだし、たくさん一緒に居られるね」「夜も起きてても大丈夫だね」なんて嬉しそうに言えば、きっと彼も喜んでくれますよ。また次の日も一緒にいられるので朝におかわりエッチに持ち込めるかもしれません。

慌ただしい気分になる時よりもゆったりとした気分の時の方がエッチの方も落ち着いてできます。
 

彼氏にディープなキスをしてみる

エッチしたい

最近は忙しくてエッチができなかった、なかなかそんな雰囲気にならない、そんな時にはディープキスで攻めてみましょう。

女性の方からディープキスをするのはちょっと勇気がいるかもしれませんが、彼は絶対に喜んでくれます。特にいつも淡白なキスが多いというカップルにおすすめです。

グッと体を寄せて背中を抱きしめながらキスをします。最初に軽いキスだったらそっと舌を出してみましょう。それで彼の方はディープキスがしたいんだとわかってくれるはずです。

彼からもぎゅっと抱きしめ返してくれれば 自然とエッチな雰囲気になっていきますから、スムーズにベットインできます。彼の方もそんな風に求められたらその続きがしたくなってしまうでしょう。

もしそれでもやっぱりエッチまで行かなさそうという時には「続きは?」と可愛く呟くと効果抜群です。すぐにでもエッチをしたいという雰囲気になります。
 

彼氏にマッサージをしてあげる

エッチしたい

なんとなく一緒にベットにいるけどエッチな感じではない、彼がちょっと疲れてそう、そんな場合はマッサージから始めるのが効果的です。

「疲れてるみたいだからマッサージしてあげるね」といって肩の方からゆっくりとほぐしてあげます。肩や二の腕をマッサージされるとそれだけで緊張が解けてリラックスできます。

その後ゆっくりと腰の方まで手を伸ばします。腰の方になったらうつ伏せで寝てもらって馬乗りになってマッサージするといいです。

彼にとっては気持ちがいいのと同時に 彼女が自分の上に乗ってマッサージしてくれているというエッチなシチュエーションで興奮してきます。

そうしたらそのままエッチまで持ち込んでしまいましょう。マッサージをしてあげる優しい彼女も演出できますし、エッチもできて一石二鳥です。
 

彼氏の膝の上に乗ってみる

エッチしたい

こちらは二人で一緒に座っている時にぴったりな誘い方です。

ベッドに腰掛けている場合や椅子に腰掛けている場合にいたずらっぽく彼の膝の上に乗ります。まるで子どものように無邪気に乗れば、可愛さもアピールできます。

あくまでも最初は無邪気に座るのがおすすめです。可愛らしさとエロさのギャップで彼を興奮させることができます。

また向かい合う形で乗ることで彼と接近できて、グッとエロい雰囲気になります。そのままキスしてもいいですし、背中に手を回して、ボディタッチをしても効果抜群です。

また焦らしテクニックを使って膝に乗る以上はこちらから攻めないのもおすすめの方法です。

そのままおしゃべりをしたり イチャイチャしているうちにゆっくりとエッチな気分が高まっていきます。最後には彼の方から我慢できなくてエッチの誘いをしてくるでしょう。
 

彼氏に可愛くおねだりしてみる

エッチしたい

女性からエッチを直接お願いするのはちょっと抵抗がある人が多いですよね。

それで色々とさりげないエッチの誘い方をしてみたり、相手をエロい気分にさせようとしたりするのですが、彼からすると彼女から「エッチしよう」と言われたら嬉しいです。

大好きな人が自分とエッチをしたいと言ってくれた、それだけで興奮してよりエロい気分になります。

もちろん言い方は大切ですから、可愛くおねだりできるようにニコッと笑顔を見せて、上目遣いで「エッチしよう」と言ってみましょう。

ちょっと冗談っぽく言うのもテクニックです。普段そういう誘いを彼女の方からしない人ほど効果的な方法です。

彼の方から誘ってばかりだったのに 彼女の方からその気になってくれたとなれば、彼も嬉しくて頑張ってくれます。

彼をその気にさせるだけでなく普段よりも盛り上がる素敵なエッチになるでしょう。