性格の不一致×嫁姑問題×旦那の浮気の離婚劇…悪かったのは誰?


性格の不一致×嫁姑問題×旦那の浮気

性格の不一致私26歳 夫26歳のとき離婚しました。当時は共働きだった事もあり、結婚当初は家事など手伝ってくれていたのですが、だんだん手伝ってくれなくなり、私が家事をするのが当たり前のような言い方をされました。料理も美味しいとか褒めてくれる事はほとんどなく 無言で食べるような感じでした。
 
彼は長男ということもあり、同じ敷地内に家を建てたのですが、お姑さんとかも、私が何時に家に帰って来たとか、車の音で分かるみたいで、色々チェックされていました。帰りが遅かったりすると私に直接言わず旦那に言い、結局、旦那と私が言い合いになることが多くなりました。
 
そんなこんなでだんだん会話もなくなり、旦那は会社の女の子と浮気をしていました。彼女からの手紙が出てきたので問い詰めたら、あっさり浮気を認めたので離婚することにしました。
 
私は、夫婦だからお互い言いたい事は言い合って何度も話合えば分かり合えると思っていましたが、夫婦でも言葉を選んで、言ってはいけない言葉などは言わずにいた方が良かったのでしょうか?
 
言わずに我慢していると、自分も息がつまるし、相手の気持ちも分からないからどんどんお互いの気持ちがすれ違ってしまうような気がするのですが、どうしたら、上手く話し合いが出来ますか?男の人は、あまり色々話をしないし、話が長くなるとイライラしてきたりするので困ります。

 

表側から見た離婚の原因~物事を俯瞰して見てみると一方だけが悪いわけではない

性格の不一致あなたの悩みは、離婚に関してのクレームではないようですね。そこに至った過程というか、話し合い(その後の男女のディベート全般にも)に憤りがあると読み取りました。

まずは結婚・離婚時の事項から。これは環境からして、問題があったみたいですね。元旦那サンが「だんだん手伝ってくれなくなり」「料理も美味しいとか褒めてくれる事はほとんどなく」

これは、元主人が元々そういう人だったというだけの話です。一緒に暮らしていかないと分からない点が多いので、あなたの非というわけではありません。そういう“巡り合わせ”だったと諦めましょう。

それでも、話し合いを重ねる事で夫婦関係や家族問題の解決ができたと思っているフシがありますが、それには「?」です。

これはあなたにも問題があったと言っておきます。物事を俯瞰して見てみると、一方だけが悪いというのはそうそう無いんですよ。

加えて、元旦那サンの実家の敷地内に建てた家に住んでいた事の方が問題は大きいです。嫁の行動が、姑には何かと目につくモノ。これは、どこの家にでもある事ですから文句を言われても耐えるしかないんですよね。

「嫁姑問題」などと呼ばれて、いつの時代も取り上げられてきました。ですから、同じ敷地内に住まわせてもらっているなら「私が何時に家に帰って来たとか、車の音で分かるみたいで、色々チェックされて」などは、知りたくなくても目にも耳のもついてしまうものなのです。

そして、そのお小言をあなたに直接言うわけではなく息子に愚痴る…。ホームドラマのパターンを地で行っていたようで、なんともお気の毒な事です。

しかし、ここで元旦那側の視線に変えてみます。元旦那サンは家へ帰っても実母からは嫁の悪口、奥様からは姑への不満、と双方から愚痴られて面白くなかったんだと思いますよ。“それならば”と「旦那は会社の女の子と浮気を」となるのも分かります。

夫婦がお互いに26歳と若かったのも、結婚生活が上手くいかなかった要因ですね。あまりに、外の世界を知らなすぎるように感じました。
 

話し合いの際には、常に「聞く側」の受け止め方も考慮しておく

性格の不一致離婚の時の直接の現因は元旦那サンの「浮気」ですが、あなたは「夫婦だからお互い言いたい事は言い合って何度も話合えば分かり合えると思っていました」と述べています。

でも、何でも言いたい事を感情の赴くままに喚き散らせばいいというモノではないでんですね。結局は「人間」対「人間」なのですから。抑える所は抑えて、時には言いたい事も我慢しなければいけない事も出てくるはずです。

“何でも言い合える仲”と“思った事を何でも言いあう”というのは、根本的に違います。

「言わずに我慢していると、自分も息がつまるし、相手の気持ちも分からないから、どんどんお互いの気持ちがすれ違ってしまうような気がする」と記していますが、「息がつまる」のを我慢していますか?「相手の気持ちもわからない」のを、分かろうとしていますか?

その点からあらためていかないと、何事も話しは進まないのでは?少しだけ「聞き上手」になってみてはいかがでしょうか。

その「聞き上手」こそが、話し合いを上手く進める鍵なのですよ。自分の思っている事を吐き出せばいいのではなく「相手は、この事に対して『どんな考えなんだろう』」と常に自問して、はじめて話し合いがスタートすると思ってください。

それと気分を害させついでに申し上げると「男の人は、あまり色々話をしないし、話が長くなるとイライラしてきたりするので困ります」と考えているようですが、それも根本が間違っています。

“色々話しをしない”とか“イライラしてきたりするので困る”との事ですが、それはあなたの周囲だけの話しであって、世間には様々なタイプの男性が存在する事を頭の片隅にでも置いておく事が肝要です。

そんな時でも「私って今、飽きられるような話をしていないかしら」とか「論旨がずれていないか?的を得ているか??」と相手側に立った見方をするような癖をつけておいた方がいいですよ。

夫婦問題の相談に強い先生

未羅乃先生(みらの先生)

皆様の想い人のお気持ち、これからの未来を霊視することにより、それぞれの幸せの形を導き出し私が順を追ってご案内いたします。今抱えている不安や不満をお話しください。生きている人には、一人一人にご先祖様や守護の方が付き添っています。そっと貴方の心の波長に合わせて見えない世界からのメッセージをお伝え致します。ご家族の悩み、お仕事関係、不倫、復縁、遠距離、人間関係、金運、その他ご相談者様がお一人で悩んでおられる事をお気軽にご相談してください。

得意な占術霊感 霊視 霊聴 霊感タロット

紫水先生(しすい先生)
ヴェルニ 紫水

私自身、様々な不思議な体験や人生経験を積み重ね、今の自分があります。特別な能力以外にも専門的に夫婦問題カウンセラーの資格も取得し夫婦問題も多数解決してきました。それ以外でも恋愛、不倫、子育て問題、仕事、金運などを得意としています。何かに行き詰まった時や心が傷ついた時は、いつでもお電話くださいませ。

得意な占術透視 霊感 霊視 チャネリング 四柱推命

優瓜先生(ゆうり先生)
ヴェルニ 優瓜

一番得意なものは前世と縁から見る関係性だと思います。次に得意なのは、流れや気持ちを読むことです。この他に、恋愛や家庭問題、子育てなどの相談も得意としています。家庭問題では同居親族に精神疾患を抱える家族がいますので、ご家族の側に立って相談に乗ることができるかと思います。また、子育てに関しましても私自身が子育て中であり、義家族と同居の身ですので、幅広い相談に乗ることができると思っています。

得意な占術霊感 霊視 霊聴 スピリチュアル

澪央先生(みお先生)

生まれ持った霊感霊視の力で悩んでいる方のお役に立ちたいと思い、15年以上に亘り延べ2万人の方の鑑定をさせて頂いて参りました。『もっと早く先生に出会いたかった』とのお言葉をたくさんの方に頂いております。恋愛・結婚離婚・不倫・仕事・人間関係・人生の転機・教育・家庭内の問題…等 誰にも言えない悩みは御相談下さい。

得意な占術透視 霊感 霊視 霊聴

蓮華先生(れんげ先生)

おひとりおひとりの人生の歩み方は十人十色、お伝えするメッセージもさまざまです。皆さまとの出会いは宝物として一瞬一瞬を大切にしています。そのため全ての鑑定を全力でさせていただいております。私に何でも話して下さい。お気持ちをお聞かせ下さい。勇気をもって前進できますようお手伝いをいたします。

得意な占術スピリチュアル 霊感・霊視 霊聴