離婚は弁護士に相談すべき?離婚準備期間に女性がやるべきことは?


旦那と離婚したい。多くの既婚女性が一度は考えてしまう悩みかもしれません。

些細なケンカが原因なら少し時間が経てば落ち着くでしょう。しかし、どうにも我慢ができずに本気で離婚したいと思っている方も中にはいます。

ケンカやすれ違い、生活時間の不一致などの小さな不満が積み重なり、お互いの信頼関係が崩れている時、離婚を決意する大きなトラブルが起こったら…。

女性は子育てがあるため、経済力や社会的な力がどうしても不足しがちです。何らかの原因で離婚を決意したら、その後の生活が有利になるよう、万全の準備をしておきましょう。

必ず離婚弁護士を入れる

離婚弁護士 相談

例え話し合いによる離婚が可能だと思っても、離婚は想像以上に大変な作業です。もしあなたが法律的なことに弱ければ必ず弁護士を入れましょう。

紙切れ一枚の提出とはいえ、預貯金や財産の分配、離婚条件など弁護士を入れた方が断然整理しやすくなります。

離婚が円満に行くことは稀です。

例えば旦那さんの方も離婚したくてしょうがない状況で、お互い合意の上で離婚したとします。しかし、こういった「協議離婚」の場合、間に法的な処置が一切入らないため、慰謝料や養育費などの支払いは曖昧になります。

財産分与もお互いの通帳の持ち逃げ状態で終わるかもしれません。協議離婚の場合、慰謝料が全くもらえないこともよくあります。

離婚届けの提出と同時に住所氏名が変わります。健康保険の切り替えや銀行の名義変更、引っ越しなどでバタバタしているうちに、全てがあいまいになってしまうかもしれません。

この点、離婚に強い「離婚弁護士」を間に入れると、各種の分配をぬかりなくチェックしてくれます。例え法的な処置ができなくても、「念書」を書かせることが出来ますし、慰謝料や財産分与の取り決めもスムーズでしょう。

理由が明確ならそれ専門の弁護士を!

離婚弁護士 相談

離婚の主原因があなたではなく旦那さんにあるのなら、これは専門の弁護士を探して頼るべきです。子どもがいる場合、親権獲得の大きな力になってくれます。

例えば不倫、借金、暴力や暴言など、旦那さんの言動によって結婚生活の継続が困難であると証明できれば、あなたは慰謝料をもらうことが出来ます。こういったことに関わる証拠の提出や書類作成も、弁護士に頼むのが一般的でしょう。

離婚するまでの準備

離婚弁護士 相談

一度は結婚を誓った相手ながら、もし旦那さん側に非があるのなら容赦は要りません。親権や慰謝料に関わる問題行動の証拠は十分に集めましょう。

物理的な証拠を獲得しておく

旦那さんの携帯電話の履歴が怪しかったら、出来るだけ日付の分かる状態でその画面を写真に撮っておきます。

レシートや領収書がポケットに潜んでいることもありますので、こちらも要チェックです。

言動が問題であれば、録音や動画などで音声ごと記録しておくのが一番です。

暴力を振るわれて病院に行ったなら、診断書も必ず貰いましょう。

ちなみに、携帯の履歴が出会い系だったり、メールやLINEで不特定多数の女性と性的な会話をしていても、それは「不貞行為」の証拠にはなりません。不倫の証明には現場の写真などが必須で、ラブホテルに出入りする瞬間や性行為中の写真が必要となります。

普通はそんな写真を撮れませんので、どうしても証拠が必要な場合は探偵を雇うことになります。

記録を取っておく

旦那さんに暴言や暴力を振るわれた時は、それを日記のように日付を入れて記載しておきましょう。時系列が大切です。いつからそのような行為が始まったのか、いつどのような内容のことをされたのかが分かるようにしておきます。

時系列で記録されたデータは、写真などに比べて弱いものの、有効な証拠書類となり得ます。

離婚後の生活環境を確保

十分な経済力があれば話は別ですが、女性が一人で生きていくにはなかなか厳しいのが現実です。もし子どもがいるようなら、離婚後の生活計画を明確に立てる必要があるでしょう。

何はなくても経済力

いくら弁護士を間に入れても、慰謝料がもらえる確かな保証はどこにもありません。慰謝料はもらえたらラッキーぐらいに考え、自分で現金を用意しておくべきです。

お勤めの方はそれでいいですし、専業主婦なら働き口を確保する必要があります。すぐに働きに出られないことを考えて、ある程度の貯金があると心強いでしょう。

経済力を天秤にかけて 離婚を踏みとどまる人も多いようです。子どもの将来を心配する人や、自分で働く自信がない人が我慢してしまうのです。

忍耐も必要ですが、命の危険がある時はお金のことを考えている場合ではありません。頼れる相談機関などを探しましょう。

一時避難場所の確保

新居を決めて潔く引っ越すのもいいですが、離婚する・しないでもめることが分かっている場合、一時避難場所が必要です。旦那さんがすぐ来てしまう恐れがあるので実家は本当はあまりお勧めできません。暴力が原因なら、母子寮や公的なシェルターを頼りましょう。

子どもがいる場合、通っている学校などにも事情を説明する必要があります。もし通学路で旦那さんに待ち伏せされたら、子どもにとってはお父さんですから ついて行ってしまいます。

子どもになるべく衝撃を与えないよう配慮して、十分な説明をしておきましょう。

離婚は多大な負のエネルギーを要する

離婚弁護士 相談

離婚はものすごいエネルギーを使います。それも、負のエネルギーです。あんなに大好きだった相手と裁判所で戦う場面を経験するかもしれません。

経済力、精神的・肉体的な苦痛、子どものことなど、天秤にかける要素は多いでしょう。それでも離婚を決意したなら、出来る限り万全の準備をして下さい。

本気で離婚したいなら強い意志が必要です。集められる証拠はしっかり集めて、弁護士さんに相談しながら離婚条件を話し合っていきましょう。
 
 

今まで達成者達が語らなかった!別居・離婚問題解決マニュアル